変わらない強さ、
変わっていく愉しさの探究。

時代やトレンドが遷ろっても揺らがない“強さ”ある造形を追い求め、
日本各地の家具工房と協同しながら高い品質と耐久性でつくり上げる。

使い続けるほどに味わいが深まり、増えていく傷や染みなども含めて
だんだんと好きになっていくような感覚をもたらす素材や仕上を選定する。

わたしたちは、この2つの姿勢を基盤としながら常に妥協することなく精査を繰り返し、
“いま”も“これから”もずっと、使い手にとって魅力的で在り続けるものを
ひたむきに探究していきたいと考えています。

Unchanging Strength
and the Pleasure of Change

Continuously striving for forms of Strength that endure the flow of time,
we partner with well-known furniture studios all over Japan to produce furniture with uncompromising quality and durability.

We carefully select material and finishes whose appearance becomes more profound in time.
A bond with its users is created by Aji, the imprints of use.

These two principles are the basis of our creative approach.
We will always uncompromisingly stand by our beliefs in order to continue to produce items appealing to their users' senses.

PRODUCTION

プロダクトはすべて、国内工場にて高精度の機械設備と熟練した職人の手により生産されています。
日本には、家具工場が集中していることから「家具産地」と呼ばれる地域があります。五大家具産地に数えられる福岡県大川市、北海道旭川市、岐阜県高山市、静岡県内、徳島県徳島市をはじめ、その他にも各地に数多くの家具産地が知られています。産地の起こりとしては、元々は木材の生産が盛んだった地域が発展していった例や、城郭・寺社建築のために職人が集まったり、船大工が住み着いたことなどに由来する例などがあります。各家具産地は、地域ごとに根付き受け継がれてきた技術や体制が異なり、例えばそれは、木工職人による高度な手仕事であったり、素材や加工技術の知見であったり、あるいは製造工程の分業化による納期の短さであったりします。時代の流れに適応しながら、長年にわたり、それぞれの地域で多様な伝統が培われてきました。
わたしたちは開発において、そんな各産地の伝統や人々に多くを学び、そして協同しながら、ひとつひとつのプロダクトにとっての最良を検討しています。わたしたちのプロダクトは、シンプルであるからこそ繊細な精度が求められるものも多く、その品質は、長い年月をかけて鍛錬を重ねた熟練工の経験と技術によって支えられています。